限界集落でも満員!デカ盛りカツ丼とイノシシ丼を食え ひばり食堂【高知県大豊町】



(更新日:2018/07/10) 
7/7土曜日以降の大雨で大豊周辺の高速道路が使えなくなっています!

お客さんに「大盛りの店があるから行ってみたら面白いよ」と言われ、かれこれ3~4回は通っている『ひばり食堂』という食堂に食べに行った。

仕事の都合でこちらに来る機会はあったので驚きはしないが、一面見渡す限り山だらけの限界集落だ。



初めて訪れた時は、本当にこんなところで営業してるんだろうか、なんて思っていた。

近くには、廃校を活かした施設『学校に泊まろう!みどりの時計台』
ゆとりすとパークなど、自然豊かなスポットがある。

ボンビーガールが泊まった秘境 楽校の宿あるせ【徳島県三好市】







ひばり食堂の駐車場には、四国県内のナンバーはもちろん、神戸、大阪、広島といった県外ナンバーも多く停まっている。














平日でもお昼時は店の外にまで人が並んでいる状況だ。





前に並んでいた老夫婦は、高知県内から来ていたようだが、須崎市から来ていた。

須崎市は『しんじょう君』という、ゆるキャラで知られる、高知市のさらに西側に位置する。遠くからよく来たものだ。


こちらはお昼時に中に入ると、大体満員である。
テーブル席がいくつかあるのだが、基本的に知らないお客さんと相席をする事になるので極度の人見知りで気にする方は注意だ。


相席BAR JIS MATSUYAMAに行ったらまさかの知り合い【愛媛県松山市】


相席居酒屋のように男女ペアにはならない。
テーブルに座っているおっちゃん4人が実は全員赤の他人、なんてこともありえる話だ。


食事が来るまでの間、スマートフォンをいじって時間をつぶしたいところだが、電波の状況はそんなに良くない。

雑誌や漫画が置いてあるので、大人しく刃牙という漫画でも手に取る。


なお、トイレは純水洗の和式だがキレイだ。





感想

これまで、『カツ丼』、『カレー』、『しゅわんぼう丼(イノシシ)』と食べてきた。


でも、カレーはめちゃくちゃ美味い!というわけでもなく、しゅわんぼう丼は独特の匂いがキツいため、初心者にはおすすめできない。

ということで、原点回帰でカツ丼に戻ることにした。

カツ丼はやはりハズレが無い。
普通盛りでもこの量である。



特長はなんといっても、たくさん使っているであろうトロトロの卵。

そしてその卵に絡まっている香ばしい色のカツ。
カツは二列に並んでいて、とても食べ応えがある量、そしてジューシー。





あっというまに食べてしまった。
次に来るときは、『しし肉焼肉うどん』が美味いらしいので試したい。

まとめ

県内外からお客さんが集まるお店。よくバイトを募集しているくらい!

まずはベタにカツ丼がオススメ。
リピーターになったら『しし肉焼肉うどん』とか試して欲しい。

松山市や高松市から高知市方面に行き来する場合、時間があれば『大豊インターチェンジ』で降りてみよう。


名前 ひばり食堂
住所    高知県長岡郡大豊町高須226
TEL 0887-72-0972
営業時間 
11:00頃~19:00頃
[日曜]11:00頃~18:00頃
日曜営業
定休日  年末年始

コメント